市場概要

 埼玉県西部地域の拠点市場として県の卸売市場整備計画に基づき、昭和48年会社設立、翌49年に開場されました。以来、川越花き市場は確かな実績を築いてきました。

 平成5年には、国・県より卸売市場機能高度化事業に指定され全国でもいち早くコンピューターオークションを開始。埼玉県及び東京都西部エリアを中心に、およそ400万人の消費者を保有する恵まれた立地条件の中で着実に成長を続けています。

電算室 さらに平成15年1月には長年培ってきた機械セリでのノウハウを一新しました。
 また、近年は花き日持ちの向上を図る市場内低温倉庫施設の設置をはじめ、商品情報提供設備・休憩施設の充実等をすすめ、近代市場の一層の機能向上を図っています。

低温庫

 

ショーケース

休憩室

会議室

応接室

   

 

概 要

市場名 地方卸売市場全農さいたま川越花き市場
(埼玉県卸売市場開設認可 指令経流第1757号)
開設者 株式会社川越花き市場
所在地 〒350-0854埼玉県川越市寺井214-1
設立 1973年10月29日
開場 1974年11月
資本金 70,000,000円
株主 全国農業協同組合連合会
役員 代表取締役社長 杉﨑 郁夫
常務取締役   大塚 紀之
取締役     大濵 健康
取締役     小暮 敏明
取締役     水村 洋一
取締役     石川  晃
監査役     千野 寿政
監査役     髙山 重之
事業内容 ・花き卸売市場の開設
・花きおよび園芸用物品の卸売業務
・花きおよび園芸用物品の荷受ならびに斡旋
・貨物自動車運送事業および貨物利用運送事業
・その他上記に付帯関連する一切の業務
取引金融機関
・JAいるま野農業協同組合
・みずほ銀行
販売先
量販店・仲卸業者・花き専門小売店 他
決算 年1回 3月
従業員 30名
オークション方式 電光掲示盤表示による競り下げ方式
オークション設備
レーン数:5レーン
応札機:210台
オークション日時 切花:月・水・金 午前7時より競売開始
鉢物:月・金    午前8時より競売開始
WEB取引日時
切花:日・火・木 午後2時より午後10時
鉢物:日・木   午後6時より午後10時
休業日
日・木曜日  その他会社カレンダーによる
取扱品目

・花き類:切花、鉢物、野菜苗、果樹苗、花壇苗、
観葉植物、植木、盆栽等
・資材類:花材類、肥料、土類、鉢類、包装材等

資材館

入場業者(仲卸) (株)協同商事
(有)ムトウ生花
(有)日本クリアート
社会福祉法人入間東部福祉会
施設規模
・敷地面積
11,806.56㎡
 
・市場棟
3,500㎡
 
・買参人席
210席
 
・事務棟
444.64㎡
 
・プラットホーム
290.925㎡
 
・資材館
99㎡
 
・仲卸棟
324㎡
 
・駐車場
6,000㎡
 

*川越花き市場内に「川越花き共同荷受所」併設

加入団体等 ・日本花き卸売市場協会員
・埼玉県花き園芸市場協会員
・一般貨物自動車運送事業者 許可No.関自貨第69号

 

沿 革

1972(昭47)年 埼玉県経済連が開設者となり群馬県中央園芸(株)熊谷支社・(株)東京園芸浦和市場・埼玉綜合園芸(株)の4者協議により花植木市場開設並びに荷受会社設立構想まとまる
1973(昭48)年 新会社設立の覚書締結
「埼玉県中央園芸卸売市場」創立総会(資本金5,000万円
1974(昭49年) 市場業務開始
1975(昭50)年 資本金7,000万円に増資
1977(昭52)年 売上高10億円達成
1978(昭53)年 「株式会社川越花き市場」に社名変更
1979(昭54)年 関東ブロック生花市場協同組合に加入
切花・鉢物の売場施設改善
1980(昭55)年 日本花き卸売市場協会に加入
1982(昭57)年 埼玉県経済連川越荷受所を関東ブロック生花市場協同組合へ管理移管
1984(昭59)年 鉢物販売諸施設改善
開場10周年
1986(昭61)年 売上高20億円達成
1991(平3)年 売上高30億円達成
1992(平4)年 新社屋完成
1993(平5)年 新セリ場および最新設備の諸施設完成
機械セリシステム開始
1994(平6)年 開場20周年
1997(平9)年 自動セリ機増設
市場等屋根改修工事
セリ応札席の増設(180席→210席)
2002(平14)年 埼玉県経済連より開設者業務の譲渡
「地方卸売市場全農さいたま川越花き市場」に市場名変更
2003(平15)年 市場業務支援システムおよび機械セリシステムの更新
2004(平16)年 開場30周年
2007(平19)年 インターネット取引サービス開始
一般貨物自動車運送事業免許取得
市場棟改善工事
2009(平21)年 データベースサーバーをリプレース
鉢物セリ日を月・金曜に変更
2010(平22)年 切花セリ開始時間を午前7時30分に変更
関東ブロック生花市場協同組合脱退
川越花き共同荷受所開設
2011(平23)年 切花セリ開始時間を午前7時に変更
自販機コーナーを改修
2012(平24)年 買参人休憩室・会議室・応接室等の改修
コールドチェーン推進低温庫設置
2013(平25)年 市場棟塗装工事・駐車場ライン引工事
創立40年
2014(平26)年 第1回市場まつり開催
2015(平27)年 第2回市場まつり開催
市場棟照明のLED化
2016(平28)年 第3回市場まつり開催
オフィスリニューアル

 

川越市・・・

 埼玉県南西部にあり、県内ではもっとも早く市制施行され、現在では人口約34万6千人の中核市です。  
歴史ある旧城下町が観光の中心となっており、江戸情緒を残す蔵造りの町並があることから「小江戸」と称されています。その小江戸川越のシンボルである時の鐘という木造の塔や喜多院、本行院、そして日本三大東照宮がある地としても有名です。

 JR・東京メトロ・東武・西武の鉄道網や関越道・圏央道等による交通の充実により観光・商業・農業・工業がバランスよく発展しています。